それほどすぐに物事に噛み付くほど自分では怒りやすい性格ではないと思っていますが、先日どうしても気になることがあってクレームを出しました。 奮発して良い性能のスピーカーを買って、期待しながら箱を開けてみたら前方が大きくへこんでいて凄くショックでした。 しっかりした緩衝材で覆われていたので販売店や配達業者のせいではないと思って、直接メーカーに問い合わせることにしたのです。 そのときは今振り返ってみるとあまり冷静ではなく私も頭に血が上っていて衝動的にクレームの電話をかけたので、電話口のオペレーターの方に最初はきつい口調で話しかけてしまったと思います。 でも、あちらは慣れているのか冷静に丁寧な対応をしてくださって、状況の説明や交換のための手続きなどをしている間にオーバーヒートしていた私の頭もすっかり冷静さを取り戻して、なんだか急に恥ずかしくなってしまいました。 初めてクレームで電話したけれど、相手の対応次第で随分と印象が変わるのだということを感じました。