会社を定年退職したらスーパーカブで日本一週をしてみたいですね。他の人から見たら小さな夢だと思われるかもしれませんが、日本の様々な地域の方と触れ合いながらのんびりと旅を楽しみ、足跡を残してみたいのです。今の日本の世の中は景気が良いとは決して言えず、社会が閉塞感で満たされているような状況で会社内でも些細なミスで雰囲気が悪くなったりと悪循環が生まれています。そんな中小さな夢でも良いので持ち続けるということは頑張る要素にもなるのではないでしょうか。今の若者は夢がないなどと言われますが、戦後こういう社会を作ってきた大人に問題があると私は考えています。話が少しズレてしまいましたが、なぜ私がスーパーカブにここまで惚れているのかというと燃費がとても良いという理由もあるのですが、キビキビしたその走行に完全に惚れてしまっています。400ccのバイクも乗っていたのですが結局この50ccに戻ってきてしまうほどに、このスーパーカブは日本が世界に誇ることが出来るものの一つだという証明ではないでしょうか。